一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
低温やけどにご用心あれ!
今日は1月の20日。暦では大寒。
1年中で一番寒い時期です。
でも今日のこの暖かさは3月下旬なみのポカポカ陽気。
まさに真冬の中の春って感じです。
終末にはまた寒さが厳しくなるとかで、
こうなると体調管理が大変ですね。
ところで、皆さんの家にはカメムシ飛んできませんか?
ちょっと青くさい臭いを放つ何処にでもいるあの虫です。
私の住んでいるところでは昨年から大発生していて、
洗濯物に着いてくるわ、部屋の中をぶんぶん飛び回るわ、
いったい何処から入って来るねん!?ってくらい沢山います。
カメムシが大発生するとその冬は雪が多いとか言われたりすることもあるんですが…?
東北や北陸は大雪になったりしているみたいですが、
私のところでは一度だけ1糎ほどうっすらと積もっただけです。
子供の頃は雪が降ると妙にハイテンションになって嬉しくなったものですが、
今は「雪はスキー場だけでいいやろ」って感じですけどね。
それだけ“おやじ”になったということなんでしょうね。(苦笑)
それでまたちょっと話は変わるんですが、
冬場は暖房器具による低温やけどの被害が色々と出ているようです。
やけどは、皮膚が熱によって損傷された状態を言いますが、
直接火に触れたり、熱湯が掛かったりしたときだけでなく、
体温より少し高い熱が数時間作用しただけでも起こったりします。
これを低温やけどと言います。
例えば44度の熱なら6時間、46度なら1時間半でやけどを起こします。
この程度の温度では熱さや痛みを感じないため重症化しやすく、
やけどの中でも皮膚の損傷が最も深い3度に至ることも多いと言われています。
やけどの部位は足がほとんどだそうです。
温風ヒーターやこたつ、電気敷毛布に電気アンカ、
それに湯たんぽにカイロなど色々ご使用されていると想いますが、
足は体の中でも感覚が鈍く血行も悪いので低温やけどを起しやすいと言えます。
熟睡や泥酔しているときにやけどを起しやすいことからも、
睡眠薬の常用者、糖尿病などで知覚障害のある人は要注意です。
また脳梗塞などの後遺症で麻痺などのある人、
幼い子供も気をつけてあげることが大切です。
要するに暖房器具の着けっぱなしがよくないわけで、
寝る前に温めておいてスイッチを切ってから寝るとか、
タイマーを1時間、もしくは2時間程度に設定して寝るという工夫が大切ですね。
福岡県の50歳代の女性が、電気あんかを使用して寝ていたところ、
右足太ももに骨に達するほどの深い損傷を負って、
右足を切断する事態になったことが報告されています。
女性は糖尿病だったそうですが、
感覚が鈍く、やけどが進行しているのに気づくのが遅れてしまったとのことです。
とにかくカイロや湯たんぽなどは皮膚に密着させないことです。
温風ヒーターでも直接温風が当たらないように壁の方に向けるなどの注意が必要です。
実は私も寒い部屋で机に向かって作業をしていて、
足下にハロゲンの電気ストーブを置いていて低温やけどを起しました。
それほどひどくはないのですが、毎日同じ処にストーブを置いていたため、
左足のふくらはぎの外側をやけどしてしまいました。
今でもこたつなどで足が温まってくると、じわーっと疼くような痛みが出てきます。
低温やけどは時間をかけて深く焼けていくので、
皮膚表面はそれほどでなくても、なかなか治りにくくやっかいなことになってしまいます。
奥の方が壊死してしまうと皮膚の上からいくら軟膏をぬったりしても効果がありません。
ひどいときは、時間とともに皮膚が黒ずんで膿が出たりして、
場合によっては手術をしないといけなくなることもあります。
低温やけどは通常の熱湯などによるやけどとはまったく違うということです。
素人判断で治療してとんでもないことになる可能性もありますので、
ちょっとおかしいと感じたら低温やけどの専門医に受診されることをお薦め致します。
さあ、これからが寒さのピークです。
暖房器具の欠かせないこの時期をどうぞ事故のないようお過ごしください。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE