一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
人生、勝つことよりも負けないこと!
今年も残すところあと少しとなりました。
本当に時の経つのは早いですね。
「士ジャパン」がWBCで、2大会連続の優勝を決めたのは今年の初め。
ともかく韓国との決勝でのあのイチローの渾身の一打はすごかったですね。
あれからもう随分経ったように想うのですが、まだ今年の話なんですよね。
それから今年は野村監督が率いる楽天の活躍も大いに我々を楽しませてくれました。
数日前、その楽天の監督をされていた野村克也さんがテレビに出ておられたのですが、
その中で「心が変われば人生が変わる」とおっしゃられていました。
引退寸前にまで追い込まれた幾人もの選手をどん底から蘇らせたことのある監督ならではの

含蓄のある言葉だと思いました。
まさに今、心がどう変わるか?どう変えるのか?
野村再生工場と呼ばれるだけあって、選手を見抜く目にはさすがに鋭いものがありますね。
心が変われば人生が変わる!今ある心をどう変えるか!?
今のこの瞬間の心に過去も未来も、
また成功も不成功もすべてが含まれているということですね。
過去には誰にも知られたくないような失敗や
消し去ってしまいたいような思い出もあるかも知れません。
でも過去はどうあれ今をがんばり抜いていけば、
やがて過去の苦い思い出もきっと笑える日が来るでしょうし、
それらはかえって自分のよき人生の糧となって未来に生かされていくに違いありません。
一番苦しいときこそ一番成長しているときだと思います。
マラソンランナーの君原健二選手のように苦しくなったら、
あの電柱まで、あの門までと歯を食いしばって一歩でも二歩でも前へ進むしかありません。
「朝の来ない夜はない」とか、
「闇が深ければ深いほど暁は近い」という言葉もあります。
勝つことよりも負けないこと!人生あきらめない限り希望はあるということですね。
21日に宇宙飛行士の野口聡一さんを乗せたロシアのソユーズが打ち上げられましたが、
これまでも数々の宇宙飛行士たちが大気圏外から地球を眺めたとき、
それまでの人生観が大きく変わったということを聞きます。
何ともいいようのない感動があるようです。
また大病をして死と向き合ったことで人生観が変わったという人もあるでしょう。
今まで悩んできたことがあまりにもちっぽけなことに思えてくるのです。
八方ふさがりで逃げ場がない、どうしようもない。
やることはやった、万策尽きた。
希望もない、生きる気力もなくなった。
どうして生きればよいのか…。
しかし、そんな最悪と想えるときでもきっと何か手はあるはずです。
幸せも不幸も、天国も地獄も、答えはその人の心にあるもの。
我々はこの世を楽しむために生まれてきたはず。
本当の楽しさや幸せは苦悩の中から生まれてくるもの。
一番苦しんだ人が一番幸せになるというのが人生の法則だと思います。
人生、そんなによいことは多くないですが、
でも8割悪くても2割よければバンバンザイです!
僅かな心の持ち方で楽しくもあり辛くもあり、
だから人生って面白いと想いませんか!?
今年はあまりよくなかったなあという人も、
来年こそは!と、心に秘めてがんばっておられる方もあるでしょう。
喜びも悲しみも立ち止まることはありません。
あせらず、あわてず、一日一日を大切に、
悔いなき人生、黄金の日々を綴っていきたいものですね。
では皆さん、よいお年をお迎えください。
そして来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE