一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
未来の顔ってどんな顔?
最近はスーパーモデルのように『小顔美人』に憧れる女性が増えていますよね。
あなたはいったい何頭身ですか?8頭身?それとも10頭身…?
最近の雑誌では、『小顔メイク』などと銘打って、
いかに小顔に見せるかなどの特集が組まれたりしています。
これはもはや女性だけの話ではなく、男性にも飛び火してきているようですが…。
でも実際に今の若い人を観察していると、
私たちの年齢、40歳以上の人とは明らかに顔立ちが違ってきているようです。
顎が細くきゃしゃな印象を与える顔立ちの子供が増えているのではないでしょうか。
しかし、これって何かの異変だと思いませんか?
今は生活スタイルも食生活も昔との日本とは変わってしまいました。
力仕事はあまりしないし、堅いものを噛まなくなったということもあるのでしょうか?
特に顎の発達には深刻な影響が出ているようです。
基本的に乳歯の数は20本、永久歯は28本から32本です。
親不知の数は元々個人差がありますから、それを除いたとしても、
大人になれば普通は28本の永久歯が生えてくるものです。
それが最近では、永久歯が24本という若者も珍しくないといいます。
中には20本という人もいるようです。
これは現代人の顎が段々小さくなってきているのに対し、
生えてくる歯の大きさは変わらないため、顎のサイズに合わせて、
歯の数が減ってきているというのが一般的に言われていることのようです。
歯槽骨の中に永久歯があるにもかかわらず、
 なぜか途中で動きが停まってしまって生えてこないというようなケースは
今までにもよくあることだそうですが、
しかし、現代の若者には歯槽骨の中に生えてくるべき永久歯が見られない、
つまりレントゲンで診ても必要な本数の永久歯が作られていないということです。
これを進化とするか退化していると診るのか、どうなんでしょう?
退化も長いスパンで見ればそれも進化の一過程ということなんでしょうが…。
昔子供の頃に宇宙人の絵が描いてある雑誌を見たことがありますが、
勿論それは想像上の絵に過ぎないのでしょうけど、
とても印象的で今なおはっきりと思い浮かべることができます。
異様に頭が大きく目がぎょろりとしていて、それに反して顎が極端に小さく、
口は漫画のタコのように前に突き出していました。
何かこのまま行けば未来の人類はこのような顔に近づくのでは?と思ってしまいますね。
ちなみに昔の日本で描かれた浮世絵から見られる美人の条件を捜してみると、
色白、面長、ほっぺがふっくら、形のよい円を描くような眉、
ちょっと釣りあがったアーモンドアイ、ぽてっとした小さな口、
それにちょっと受け口というような感じでしょうか。
しかし、浮世絵に描かれる美人ですが、
あの顔は当時の美人を表現するときのお約束ごとのようなものであったようです。
例えば、現代のアニメの主人公が現実の人間とはかけ離れた姿で
描かれているようなものだそうです。
ですから、奈良・平安期の下ぶくれの女性も実際の顔ではなく、
美人を表現したものなのでしょうね。
江戸期の人骨を調べてみると、特に江戸っ子は、
丸顔で、幅広で低い鼻、そして反っ歯であったといいます。
ですから、浮世絵にあるような面長で、鼻筋が通り、
おちょぼ口で奇麗な歯並びの女性が「美人」とされたのでしょう。
まあ、いずれにしても顎が小さくなっても、
かみ合わせが正しくちゃんと物が食べられたらよいのでしょうけどね。
顎のずれは様々な体の異変を起しますから、
そういうことでの注意は必要だと思います。
食事のときは片噛みにならないようにすることや、
うつ伏して寝たりすると頭の重さで顔が押しつぶされたようになって
顎の歪む原因にもなります。
そういう癖のある方は速く直されるとよいでしょうね。
でも本当の美人ってどんな人のことを言うんでしょうか?
私はどちらかというと見た目よりは心美人のほうかな。
小さなことにはあまり拘らない肝っ玉かあちゃんのような、
ときに大胆、それでいて他人に何気なく気配りのできる人。
要するに人に優しい人がいいですね。
男性にとって、女性は優しくて明るいのが一番!
だと、個人的には思っているんですけど…。
でもマスコミの影響も多分にあるでしょうし、
これからも見た目のかっこよさや綺麗な人をもてはやす傾向は止まないでしょうし…。
そういうことでは、人類の見た目重視の美人追求の戦いは
これからも続いていくのでしょうね。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE