一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『はり』って痛くないのですか?
はり治療は痛いからいやだ!という人がいますよね。
どこかで痛いはり治療をされたのですか?と尋ねると、
まあ、中にはそういう人もあるでしょうが、だいたいは、
そういうイメージを描いているだけ…、という人が結構おられるように感じています。
子どもの頃にお医者さんに無理やり連れて行かれて痛い注射をされたとかで、
そのイメージが大人になっても強く残っておられて、
『はりは痛いもの』とトラウマになっておられる方もあるでしょう。
しかし我々鍼灸師が用いる鍼(はり)も色々ですが、
お医者さんで使われている注射針とはまったく違うものです。
私のホームページの
治療器具の紹介
をご覧ください。
通常鍼灸師がよく用いる鍼は毫鍼と言って、
その太さは0,1粍ほどの極細いものです。
痛いといってもたいしたことはありませんし、無論注射針とは比べるべくもありません。
でも治療を受ける側からいえば、僅かでも痛いのはいや!ということですね。
刺し方によっては痛みを感じることもありますが、
鍼灸術は個人技ですからどうしても多少のうまいへたはあります。
人間の皮膚表面には痛点という痛みを感じるところがあります。
どんなに細い鍼を使用しても皮膚を刺すときは痛みを感じるわけです。
痛点には閾値(いきち)というものがあって、例えば痛みの閾値を10とすると、
9以下の刺激なら痛みを感じないということになります。
ですから、痛みを感じず鍼を刺そうとするならば、
閾値以下の刺激で優しく、しかも素早く皮膚を切ることです。
そうすればまったく痛みを感じません。
ここに到達するまでにはアル程度の熟練が必要になります。
私たちも勉強会などでは痛くなく刺す練習をしてきました。
痛い鍼は気を飛ばしてしまいますから治療としてはよくありません。
そして現在では痛くなく、しかも気を整えるのに最適な
『てい鍼』というものに行き当たりました。
てい鍼は少し太いですが、先は丸くて皮膚には刺さりません。
これはやはり鍼は刺すもの?ではなく、気を整えるものだからできることでもあります。
医の行為は撫でさするところから始まり、これが手当という言葉になったようですが、
私たちの漢方はり治療はまさにこの手を当てるような柔らかな優しい治療だといえます。
薬を飲んでも副作用があり、手術をしてもメスを入れるわけですから、
体へのダメージは少なからずあるわけです。
我々はできるだけ体への負担を軽くし、
より効率的に治癒に導くための治療法を常に模索しています。
鍼灸の世界でも少し強めの刺激を与えてこれ見よがしにと、
「どや、治ったやろ!」といった治療家もあります。
というか、私もそういうこともやって来ました。
確かに、その場で劇的に動けるようになったとか、
痛みが消えたとなれば営業効果も絶大ということでしょうけどね。
しかし、往々にしてこういう場合は後々があまりよくありません。
私は一番よい病気の治り方というものは、
気がついたら何か知らんけど治ってた、というのがベストだと思っています。
治療後は特に良くなったような感じはしなかったが、
家に着く頃には少し楽になり、
次の日にはすっきり治っていた!といった感じです。
また定期的にはり治療に通い出して、気がついたら・・・
お通じがよくなっていた。
動悸がしなくなった。
頭痛がほとんどしていない。
生理痛が楽になっている。
膝を曲げても痛まない。
いらいらしなくなっている。
朝までぐっすり眠れるようになった。
気持ちが明るくなった。
根気よく踏ん張りが効くようになった。
肩こりが楽になった。
耳鳴りが小さくなっている。
風邪を引かなくなった。
ETCですね。
そういう治療を目指しています。
それから時々ですが、この優しい鍼治療では
肉体労働者や体の大きな頑健そうな人にはもの足りなくて
効果がないのでは?と思われている人もあるかも知れません。
勿論、刺激という意味ではもの足りない人もあるでしょうが、
効果という意味ではまったくの誤解です。
大人も子どもも体の弱い人も健康な人も
気を整え生命力を強化することでは同じです。
言うなれば、プロレスラーや力士のような体の大きな人でも
ツボニ当てた一本の鍼で全身の筋肉の緊張を緩めることもできるのです。
むしろこんな合理的で有効な治療法はありません。
経絡を用い気を整える治療法だからこそできることだと思います。
それは何度か治療を受けていただけると実感していただけることなのですが…。
ともかく、はり治療には興味があるけど痛いのはいやだと躊躇っておられる方、
「百聞は一見にしかず」です。
人間丸ごとの治療を一度お試しあれ!!
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE