一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
わたぼうしコンサートをきっかけに・・・
皆さんは小学生の頃にハーモニカやリコーダーなどの楽器を体験されていると想います。
また小さい頃からピアノやヴァイオリンを本格的に学んでこられた方もあるでしょうね。
私といえば、何か楽器を専門的に学んだということはないんですが…。
どちらかと言えばアウトドア派というのか体育会系というのか、子どもの頃はほとんど外で遊んでばかりでしたね。
そんなことで、楽器にはこれといった興味も持たずにいました。
でも高校生になって、初めてギターをやりたいと想って練習を始めたのを思い出します。
それは当時歌うボランティア「わたぼうし」というのがあり、障害者の書いた詩に曲を着けて歌うというものでした。
全国あちらこちらでコンサートが行われ、大津で行われたときに私も地元曲として参加したことがありました。
その時はまだギターは触ったこともなく歌だけの参加でした。
でも、その時に初めて自分でギターを弾いて歌ってみたいと想いました。
それがギターを始めるきっかけでした。
そして親にモーリスのアコースティックギターを初めて買ってもらいました。
当時で3万円くらいのギターだったと想います。
ギターは友人にコードなど教えても らいながら練習をしました。
ほとんど我流でしたがそれなりにフォークソングなど弾いちゃったりして…。
しかし社会人になって、ギターも時々引っ張り出してちょこっと弾いたりするだけとなりました。
それが昨年暮れに友人がネットでギターを買ったとのこと…。
私もネックが反ってしまっているのもあって新しいギターがほしくなり、その友人と同じ処で中古のギターを買うことに…。
中古でもとてもメンテが行き届いていてステキナギターが届きました。
モーリスのトルネードSXというやつです。
エレアコなんですが、アンプも買ってまた違った音色も楽しんでみたいと想っています。
ところでギターってチューニングをするのがちょっと大変。
絶対音感はないようなのでチューニングメーターを使ってやればいいのでしょうけど…。
私の場合メーターの画面が見えないので、誰かといるときにしか使えません。
でも耳を育てることもしたいので、音叉を使ったりピッチパイプを使ってやっています。
まず5弦のチューニングからということで、これをピッチリと合わせるのが難しい!?
もうチューニングだけで疲れてへとへとになっちゃいますね。(苦笑)
ところで、ギターの5弦の開放は「ラ」の音ですよね。
楽器をチュウニン具するときはラの音に合わせますが、これってなぜラの音に合わせるのか知っておられますか?
これは歌手の谷村新司さんがお話しされていたのですが、この質問にちゃんと答えられる日とは音楽を専門にされている人の中でもなかなかおられないとのことです。
それには理由がちゃんとあるんですが…。
皆さんは赤ちゃんの泣き声が「ラ」の音だと知っていますか?
これは万国共通で、世界どの国の赤ちゃんでも440ヘルツの「ラ」の音で泣くそうです。
もうこれが応えになっているんですが…?
谷村さんのおお話しについてはちょっと長くなりそうなので次回にということにしたいと想います。
とにかく今、私の中でギターが再ブレイクしつつあります。
ちょっとでもギターがうまくなりたいなあと想っています。
やっぱり独学では限界があるんでしょうね。
誰か近くにギターのうまい人いないのかな…?
というか、一緒にギターを弾いて楽しい時間を過ごせる人がいたらいいなあと想っています。
- | 16:21 | - | trackbacks(0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kobayashi-shinkyu.com/trackback/1030271
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE