一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ひょっとして、これって6月病…!?
ここ大津では雨もそれほど降ることもなく、今年の梅雨はとても過ごしやすく感じています。
今のところはじめじめ、うっとうしいといった感じではないですね。
梅雨に入る前の厳しい暑さから想えば、今の暑さも気になりません。
日によっては、朝晩は結構肌寒いくらいの時があります。
今年はエルニーニョの影響で冷夏になるというようなことも言われていたりもしますが…?
ともかく猛暑にせよ冷夏にせよ、台風や竜巻、集中豪雨などの被害が出ないことをただただ願うばかりです。
ところで皆さん、「6月病」というのをお聞きになられたことはありますか?
4月から新入学や新社員として新たな環境でスタートされた方も多くおられると思います。
緊張で張りつめた4月の1か月を過ぎ、連休が明けた頃には無気力状態に…。
これを世間では「5月病」と呼んだりしますね。
でも、最近新社会人では5月よりも6月に症状を訴える人が増えているらしく、「6月病」と呼ばれているようです。
これらは医学的には「適応障害」ということのようです。
入社した4月には元気いっぱいに明るく張り切っていた人が、あまり笑わなくなったとか、昼食や飲み会に誘っても急に断るようになったり…。
また仕事においても追いつめられたように余裕がないような状態であるとか、あるいは、場違いに泣き出したりするようなことになれば、もう6月病なのかも知れません。
理想と現実の狭間で「こんなはずじゃなかった」と、仕事や人間関係においても大きなストレスを抱え込んでしまうわけですね。
こんな時は上司や友人で話を聞いてくれる人があれば、それだけでストレスの8割は解決できると想うんですが…。
勿論家族の存在は言うまでもありませんし、自分を支えてくれるそういう人が周りにいてくれるということだけでも幸せなことですね。
生きていれば悩みや苦しみは誰にでもあるもの。
決して一人で悩まないことですね。
それから失敗をしても恥をかいても、「わっはっはっ」と笑い飛ばしましょう!
明るくへこたれないことです!
それでも、どうしてもダメなときは、休むことも考えてください。
例えば、天候悪化のためエベレスト登頂を目前にあきらめざるを獲ないこともあります。
あきらめるという勇気の決断も時には必要ですね。
でも最終的には自分が決めることですから、命を落としたとしてもやると決めたならやれば悔いはないでしょう。
命をかけるに価しないと想ったら無理してする必要はないですね。
私なんかは単純だからそう想いますけどね。
ちょっと話は変わりますが、うつ病の人に「がんばれ!」って励ますのは良くないと言われますよね。
うつ病の患者さんは生真面目な人がなりやすいとか、がんばり過ぎて病気になったんだから、これ以上どうがんばれっていうんだ!ということなんでしょうが…。
確かにそれはそうなんだろうと想います。
ただ、そういう病気でない人たちにとってこの「がんばれ!」という言葉、かけ声には絶大な力が秘められているようです。
『サイエンス』という雑誌に掲載されていた論文に次のようなことが発表されていました。
その名も「がんばれ実験」です。
モニター上に「握れ」という文字が表示されたら被験者にグリップを握ってもらうのですが、その表示の前後に「がんばれ!」という言葉を表示させるのです。
すると、「がんばれ!」を表示させた後に握る被験者の握力が次第に強くなり、最後には
2倍にまで増強したというものです。
また、「がんばれ!」が表示されると、グリップを握り始める時間も短縮し、反射神経までが促進していることがわかったようです。
「がんばれ!」以外にも「ナイス!」や「いいね!」でも効果は同じで、反対に、意味をなさない言葉を表示すると握力が強まることはなかったとのことです。
一つの文字や言葉にも、ちゃんと人を動かす気があるんですね。
ポジティブな文字や声掛けがもたらす力は絶大ですね!
今ブラジルではワールドカップサッカーが行われています。
コートジボアール、ギリシャとの戦いを終えて日本の勝ち点は1。
予選通過はかなり難しい局面ですが、25日のコロンビア戦ではぜひともスピード感のある攻撃的な本来の日本のサッカーを見せてほしいですね。
現地ブラジルで戦う日本代表選手も「がんばれ!」の掛け声を聞いたら、やる気も増し、ボールへの反射神経も促進されることでしょう。
最後の最後まで我々も、がんばれニッポン!と声援を送りたいですね。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE