一本の鍼に心を込めて気を込めて! 小林鍼灸院 ロゴマーク  
院長の写真
治療方針 院長紹介 研究活動 治療院紹介
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
健康管理は日々の心がけから…
現在は私の住んでいるここ滋賀も梅雨の真っ直中です。
年間の降水量の2、3割が集中する梅雨ですが、
ここ近年の傾向として局地的な集中豪雨となり、
各地で土砂災害や浸水の被害をもたらしています。
その雨の降り方はもはや熱帯地方のスコールですね。
これもやはり温暖化の影響なのでしょうか?
ともかくこの「梅雨」ですが、その語源を調べてみると、
梅が熟するところの雨なので「梅雨」となったという説や、
カビが生えやすい時季のため「黴雨」と呼ばれ、
これが「梅雨」となったという説もあります。
さらに毎日のように雨が降るところから「梅」の字が当てられたとも言われています。
なるほどぉ〜 納得、納得。
ともかくもこの時期は気温と湿度の上昇とともに気圧も大きく変化します。
カビやダニが繁殖し感染症や食中毒、
またアレルギーや関節痛、肌のトラブルなども起しやすくなります。
日中は夏の暑さでも朝夕は梅雨寒の日となって冷えることもあります。
また今は冷房による冷えにも気をつけなければなりません。
体調を崩さないためにも薄手のセーターやカーディガンを用意して、
体温調節をこまめにすることも大切ですね。
とりわけ今年は気候が不順で気温の変化もめまぐるしく、
急激な変動に高齢者ならずともなかなか体がついていけない、
そんな人も多いのではないでしょうか。
こういうときにこそ日々の食事、睡眠、運動には気をつけて、
特に多忙な方には規則正しい生活を心がけていただきたいものです。
適度な運動と栄養のバランスを考えた食事を摂ること、
そして質のよい睡眠です。
特に蒸し暑い夜は寝苦しいものです。
よくその日のうちに寝ましょう!と言われますが、
漢方における陰陽理論や自然界の営みから言ってもそれは理にかなった話です。
現代医学においても午後10時から午前2時のこの時間帯に眠ることによって、
成長ホルモンが沢山出るようです。
これは傷ついた体の修復や免疫力にも大きく関係しています。
ただし睡眠時間については個人差もありどれくらいが適当かというのはありません。
朝目覚めたときにぐっすり眠れたという充足感が大事です。
要するに、すぐ眠れる、ぐっすり眠れる、すっきり目覚めるというのが、
質のよい眠りということになるのでしょう。
寝不足が続くと仕事の能率も悪くなりますし事故も起しやすくなります。
健康管理の責任が自分自身にあることは言うまでもないことですが、
不摂生、乱れた生活など、なるべくしてなってしまった病気、
むちゃや油断から起るべくして起こった事故。
それらが死に関わるような病気や事故では悔やむに悔やみ切れませんね。
防げるものは未然に防がねば成りません。
体調管理には万全を期したいものです。
健康は日々の心がけから、ということでしょう。
うっとうしい梅雨も来週末には明けそうですが…?
しかしここ近年、梅雨の末期には被害をもたらす豪雨となる傾向にあります。
すでに東京や九州では被害も出ていますし、
今後の天候には十分お気を付けていただきたいと想います。
そして皆様のご健康とともに被害のないことを願っています。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE